足がつる 筋 足の裏 こむら返り

足、ふくろはぎ、足の裏がつる。原因と対処法

スポンサーリンク

足がつる経験として、よく起きる症状がふくろはぎがつる症状です。
このふくろはぎがつることは健康な人でも実は経験が多いです。
ふくろはぎがつる症状は別名「くむらがえり」とも言われ、この「くむらがえり」は筋肉への神経系の異常伝達で起きます。
急な運動をしていた時や、じっとしていて急に動き出した時などに起きやすく、原因は筋肉が本来の運動、例えば筋肉が平常の時に縮みなさいとの神経が神経伝達をすること、いわゆる異常収縮が起きて筋肉が縮こまる症状になります。
このように健康な糸でも「くむらがえり」があるよに、実は筋肉があるところには体全体につる症状が起きています。
視点を変えれば、痙攣もある意味つる症状の1種です。

スポンサーリンク

痙攣は細かい筋肉運動ですが、つる症状は筋肉が一定期間縮まる症状を意味することになります。
つる症状は足で言うと、足の指、甲、足の裏、すねなど筋肉があれば起きる可能があります。
また、筋肉つる症状は次のようなタイミングで起きやすく
運動中、朝、夜を初め、急に筋肉運動時などに起きやすい傾向があります。
病気的な面から見ると、糖尿病の持病のかた、妊婦さん、冷え性の方、高血圧の方など、つる症状を訴える傾向があります。
このように、体、足がつる症状は健康な人でも起きますが、起きる頻度が多い方は一度病院での検診をお薦め致します。
検診の目的は、つる症状を引き起こす原因が他にあり、そのひこ起こす原因のほうが実はもっと深刻な原因であり、検診の結果早期発見につながることもあります。
たかが、つるとの症状と思わず、頻繁の起きるときは十分に注意が必要です。

スポンサーリンク