足の裏 吊る 原因

足の裏や足の指が吊る原因と対処法。内臓疾患の可能性は

スポンサーリンク

何もしていないのに突然足の裏(土踏まず)が吊った経験はありませんか。
運動中であれば筋肉疲労などが考えられますが、普通の生活を行っている中で足が吊ると何かの前兆かと不安になっていしまいます。
足の裏に限らず、足の指やふくらはぎも吊ったりして悩んでいる方も少なくありません。
では足が吊る原因は何なのでしょうか。
理由は以下のことが考えられます。
・筋肉疲労慣れない運動や激しいスポーツを行うと筋力が疲労し、神経伝達物質とうまく連携が取れずに筋肉が緊張して吊ったりします。
・ミネラル不足カリウムやマグネシウム・ナトリウムなどの電解質が不足すると、筋肉が正常に動かなくなって足の裏や足の指が吊りやすくなります。
・水分不足体の水分が不足すると血液がドロドロになります。
それが原因で血行不良を起こし、筋肉に栄養が行き渡らず、電解質のバランスが悪くなり、足が吊ってしまいます。
・体が歪んでいる背骨や骨盤が歪んでいると足が血行不良を起こして吊りやすくなってしまいます。

スポンサーリンク


足が吊った場合の対処法ですが、まず足が吊るということは筋肉が緊張しているので痛い部分をゆっくりと伸ばしましょう。
ストレッチをすれば随分と楽になります。
また、つった時に足が冷えていると感じた場合は、足が血行不良を起こしている証拠です。
足をさすったり、タオルをかけたりして足を温めましょう。
また、水分不足やミネラル不足を防ぐため、水分をよく摂ったりカリウムやマグネシウムを多く含んだ食物を摂りましょう。

豆腐や納豆・バナナなどがおすすめです。
また、スポーツ中は水分だけを摂ると、血液中の濃度が薄くなってしまいます。
水分補給はミネラルやイオンを多く含んだスポーツドリンクを摂るようにしましょう。
これらの方法を試してみても足の吊りが改善されない場合は、内臓疾患の恐れがあります。
動脈硬化や糖尿病・肝臓の病気の初期症状として、血液の血行不良が原因で足の吊りや痙攣などの症状が見られます。
足の吊りが改善されない、頻繁に起こるといった場合は、一度医療機関で血液検査を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク