内腿がつる 原因 対処法

内腿がつる原因と対処法

スポンサーリンク

内腿がつるという経験をされ方は少なくは無いのではないでしょうか。
内股に限らずに体のどこかしらをつるという事はあると思います。
内腿がつる原因を踏まえて、つってしまうメカニズムを知り対処法について考えていきましょう。
最初に、つってしまうという症状はどのようなものであり何が原因でつってしまうのでしょうか。
つった時の症状に共通するのは程度の差はありますが、筋肉がピクピクする様な変な違和感と一緒に痛みを感じるものと思います。
この様な症状の原因は筋肉は急激な負荷や刺激に弱いという事です。
何かしらの負荷や刺激をかける事で筋肉がビックリして痙攣してしまい痛みがでるのです。
よくある例が運動不足の人が急に激しい運動をしたり、凄く寒い日にいきなり熱いお風呂に入ったりする事でつってしまう例です。
これ等の場合ですと対処法は普段から適度な運動を心がけたり、急激な変化による刺激は避けるなどする事で防ぐ事ができます。
しかし単純に筋肉の負荷や刺激だけが問題では無い事があります。
その問題について掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

内腿がつるという状況は運動中にという事が多いのではないでしょうか。
また普段運動不足の方では無く、定期的に運動している人、もしくは常に激しいトレーニングで体を鍛えている人の方がつってしまったなんて場合が実は多いのではないでしょうか。
体は動く事でエネルギーを消費します。
運動量が多ければ多いほどエネルギーの消費は激しいです。
その消費される主なエネルギーは、カルシウム、ミネラル、マグネシウム、太ももですとグリコーゲンが消費されます。
これ等が足りなくなるとつってしまうのです。
逆に言うとつるという事はエネルギーが不足しているというサインでもあります。
激しい運動をすればそれに応じたエネルギーの供給は必須となります。
また普段の生活から栄養がしっかりと摂る事ができていなければそれが原因となり、つりやすくなってしまうのです。
対処法はしっかりとエネルギーを補給する事、しっかりと体を休める事です。
つってしまっているのに更に負荷をかけ続ければ脱水症状や肉離れと更なるトラブルが起きやすくなります。
なのでつった時点で休む事を心がけましょう。
症状が改善されなかったり、不安な場合は病院に行く事が1番の対処法です。
専門家の指示の下に確実に治療する事で自身の身をリスクから守りましょう。

スポンサーリンク