朝 足がつる 原因

朝、足がつる原因について

スポンサーリンク

朝、目覚めたときに足がつる経験をしたことがある人は多いと思います。
朝に足がつると、足が痛い状態がしばらく続き、仕事や学業に支障が出てしまうかもしれません、また、「今度はいつ足がつるのか」と不安を感じながら、寝ることになり、リラックスができません。
今回は、なぜ足がつるのかの原因と、その予防法について記載します。
(1)栄養不足によるもの毎日の食生活が乱れて、栄養不足となっている状態が、最も有力な原因です。
筋肉の働きを調整する栄養素であるマグネシウムやカリウムなどが不足している場合、筋肉が痙攣しやすくなり、結果として足をつってしまいます。
また、ビタミンB1やタウリンの不足も、原因の一つとなります。
(2)血行不良によるもの目覚めた直後は、血行が悪く、足の筋肉に対して十分な酸素が送られていない状態となっています。
この状態で、勢いよく身体を伸ばすと、足の筋肉に急激な負担が加わり、足をつってしまう原因となってしまいます。

スポンサーリンク

さて、朝に足をつらず、気持ち良い目覚めとするためにはどうしたらいいのでしょうか。
(1)筋肉の働きを調整する栄養素を積極的に摂取する筋肉の働きを調整する栄養素、例えばマグネシウムをたくさん含む食品を摂取すると良いでしょう。
豆腐や納豆にはマグネシウムがたくさん含まれています。
また、わかめにはたくさんのカリウムが含まれています。
特にカリウムはナトリウムの排出を促すことから、高血圧の改善にもつながります。
(2)起きるときはゆっくり動く朝起きるときは、身体をなるべくゆっくり動かすようにしましょう。
ゆっくりと起き上がることで、全身へゆっくりと血がめぐって酸素が供給されて、足がつるのを防ぐことができます。
また、血行を良くするためには、日々の運動も効果的です。
毎日の適切な運動で、体中の血液が循環するようになり、冷え性や血行不良の防止にも繋がります。
今回記載したことを実践することで、起きるときに足をつることがなくなり、気持ちいい朝を迎えることができるでしょう。

スポンサーリンク