妊婦 ふくらはぎ つる

妊婦さんのふくらはぎがつる時の対処法

スポンサーリンク

妊娠すると多くの妊婦さんがふくらはぎなどの足がつる経験をします。
なぜ、妊婦になると足がつるのでしょうか。
まず、原因を探っていきたいと思います。
妊娠すると赤ちゃんが大きくなると共に体重が増え、足に負担がかかりやすくなってきます。
そして、足が圧迫される事によって血流が悪くなります。
それが原因となって足がつるのです。
それ以外にもカルシウムやマグネシウムの不足によって足がつる場合もあります。
妊婦さんは栄養の多くを赤ちゃんに取られ、不足しがちになっています。
カルシウムやマグネシウムは筋肉を正常に働かせるために重要で、不足してしまうと筋肉に異常を引き起こします。
他にも妊娠中は赤ちゃんに血流を流すために、お母さんは血流が悪くなるので体の末端が冷えやすくなります。
それによって、足の筋肉に負担がかかり、足がつることにつながります。
このように、原因は血流の悪さや栄養不足によって、筋肉に負担がかかるためだと言えます。
では、どのようにすれば症状を軽くする事ができるのでしょうか。

スポンサーリンク

まず、筋肉に負担がかかるような事はなるべく辞めましょう。
長時間歩いたり、立ちっぱなしだったりすると足に負担がかかります。
こまめに休んだり、ふくらはぎなどをマッサージしてあげるとなどして、筋肉の疲労を取ってあげましょう。
また、カルシウムやマグネシウムが不足しないように、食事に気をつけましょう。
カルシウムやマグネシウムは乳製品や魚、海藻類などに多く含まれています。
これらの食材を積極的に摂取する事で、筋肉が正常に整っていきます。
そして、冷え対策には、しっかり湯船に浸かって、体の芯から温めてあげる事が必要です。
また、暑いからと言って、薄着なのはよくありません。
なるべく冷えない格好にする事が大切です。
では、いざつってしまった時はどうしたらいいのでしょうか。
足首を回したり、ふくらはぎをストレッチして伸ばしてあげると効果的です。
それによって筋肉の緊張がほぐれ、症状を緩和させる事ができます。
また、あまりに痛みがある場合はマッサージも有効です。
このように、普段からの心がけ対処する事が可能です。
できる事から始めて、快適な妊娠生活を送りましょう。

スポンサーリンク