足の指がつる 原因 対処法

足の指がつる原因と対処法について

スポンサーリンク

足の指がつるという経験をした方は多いのではないでしょうか。
一体何が原因で足をつるという状況になるのでしょうか。
メカニズムを知る事で対処法を知り、予防が可能になるので知識を学んでいきましょう。
まず足の指がつるという状況はどのような時に起きるのでしょうか。
どうやら人により様々であり、歩いている時、運動している時、座っている時、もしくは睡眠中にもという例がある様です。
状況に共通性が無い事からどんな状況でも起こり得る様です。
症状は共通し痛みがありピクピクする様な変な違和感を感じたりします。
つるという状態は無意識に筋肉が硬治する事で筋肉が痙攣し妙な違和感とともに痛みを感じる状態をいいます。
何故筋肉が突然無意識に硬直し痙攣するのでしょうか。
原因はいくつかある様です。
最も起きやすい例は運動不足です。
普段使わない筋肉を突然使ったり負荷をかける事でつるという状態になります。
同様の理由で普段運動している方でも普段滅多にしない様な無理な動きや姿勢をとる事でつる状態になる事もあります。
これ等が原因である場合の対処法は簡単で運動をまめにしたり、無理な姿勢をとらない様に心がけたり、運動前などはゆっくり準備運動をする様にすればいいのです。
しかしこれ等の様な事とは全く違う事が原因の場合もあります。
それは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

足の指がつると聞くと足や筋肉に問題がある様に感じますが意外な事が原因となっています。
それはカルシウムやミネラル、マグネシウムが体から不足しているという事です。
理由は体を動かすと体からカルシウム、ミネラル、マグネシウムが消費されていきます。
いわばこの3つは車で言うガソリンの様なものであり、足の指をつった時は体がエネルギー不足というシグナルを出しているという事です。
運動不足とは違い運動量が多かったりすると体はエネルギーを失い結果つるという事になります。
つるというシグナルはこれ以上無理すると筋肉疲労を起こしてよく無いという体からのサインでもあるのです。
同時にミネラルの不足は体の水分も不足しているというサインでもあるので脱水に気をつけてというサインでもあります。
つった時には体を休めるタイミングという意識が大切です。
対処法は普段から食事の栄養バランスや睡眠に気をつけたりする事です。
ある程度はこれで防げるのですが、それでもつるという状況が続く事も稀にあります。
その場合原因は何らかの病気という可能性もあります。
なので長く症状が続く場合は無理せずに病院に行きましょう。
早期発見であれば病気は治療がしやすく回復も早いです。

スポンサーリンク