筋肉がつる 病気

筋肉がつる症状や病気そして予防法について

スポンサーリンク

筋肉がつる症状の中でも多くの方が経験するもののひとつにこむらがえりがあります。
こむらがえりはふくらはぎの筋肉がつる症状ですが、多くの場合はとても激しい痛みを伴います。
特に就寝時に起こりやすい症状ですが、その大きな原因のひとつには過度な疲れによる理由が考えられます。
それは普段はほとんど刺激を与えていないような筋肉を突然激しく動かすことによって、筋肉がつるという症状を引き起こすためです。
その他にもこむらがえりには多くの原因があり、水分を摂取する量が極端に少ない場合ですとミネラル不足となり筋肉の働きに悪い影響を与えてしまうこともあります。
こむらがえりの症状は命にかかわるような重篤な病気という訳ではありませんが、とても激しい痛みを伴うためできるだけ改善させることが望ましいです。
ですから普段から適切な水分を摂取することや過剰な運動を避けることに心がけることによって、自分自身でも予防することができるのです。

スポンサーリンク

筋肉がつる症状があまりにも長く続くようでしたら別の病気である可能性も考えられますので、一度医療機関を受診してみることも重要です。
また医療機関ではこむがらえりに効果的な治療を行うこともできます。
内服の漢方薬や貼り薬などの外用薬といった症状に適した治療薬がありますので、それらを処方してもらうことによって筋肉がつる症状を起こりにくくさせることができるのです。
更に普段からできる予防法としましては、ふくらはぎを優しくマッサージし筋肉を柔らかく伸ばすことが最適です。
また食生活の改善にも心がけ、サバなどの青魚や海藻を多く摂取することも望ましいです。
その他にも筋肉がつる症状を改善させることのできるサプリメントも様々なメーカーから販売されていますので、これらを上手に利用して自分にでもできる予防法を行うことも可能です。
ですがあまりにも改善が見られない場合などには別の病気を疑う必要もありますので、そのような場合には医療機関で相談をすることが最適です。

スポンサーリンク