体がよくつる 原因

体がよくつる原因とは

スポンサーリンク

体がよくつるとういう経験をされてる方がおられる様ですが原因は何なのでしょうか。
体のいずれかの部位をつるという経験は大多数の方がされていると思います。
人により部位だけでは無く頻度にも違いがある様です。
つるという状態のメカニズムを知り、体がよくつるという事についての原因と対処法について考えていきましょう。
つるという症状ですが、人により程度の差こそありますが基本的には筋肉に違和感と痛みを感じるというのが症状です。
筋肉は急激な負荷や刺激に弱く、急に運動をしたり、慣れない姿勢をとったり、極端な気温差などが原因となり筋肉がつってしまうのです。
一般的には足をつるというのが有名ですが、腹筋や手のひら、肩など筋肉がある部分というのはつる可能性があります。
対処法は普段からマメに運動をしたり、適度にストレッチ運動をして体を柔らかくする事を意識する事です。
また運動する際には必ず準備運動をしてゆっくり筋肉を温めたり、気温差が激しい時は着るもので調整したりと極端な刺激事を避ける事が予防となります。
しかしこれ等とは全く違う事が原因で体がよくつるという事があります。
その原因について掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

体がよくつる大きな理由は体にエネルギーが不足している可能性が高いです。
エネルギーと言っても筋力や体力などの事では無く栄養や水分などです。
体は動く事でエネルギーを消費していきます。
主に、カルシウム、ミネラル、マグネシウムといったものが消費されます。
当然運動量が激しければ消費量が多いです。
つるという症状が出た時に考えられるのは体のエネルギーが不足しているというサインでもあるのです。
体からミネラルが足りなくなれば水分が不足しているので脱水症状になります。
この兆候として体のどこかをつったりします。
水分が不足する事で血行が悪くなり、筋肉に上手く血液が回らず、その結果筋肉をつるという仕組みになっています。
つるだけでなく立ちくらみがする場合も同じ様な理由が考えられます。
このように体がつっているのも関わらず更に負荷をかけ続けると、肉離れ等の怪我に繋がるので、できるだけ休息をとりましょう。
体がよくつるという症状の対処法や予防法は、栄養バランスを考えた食事を摂りしっかり体を休める事です。
不足したエネルギーを体に供給し、体を回復させる時間をとる事が重要なのです。
このような事を意識してもからだがつるという症状が続く場合は、全く違った原因の可能性があるので病院にいきましょう。
不安な時にお医者様に相談する事は最も重要な対処法です。

スポンサーリンク