足つる 痛み 残る 対処法

足つる時の痛みが後まで残ることない対処法について

スポンサーリンク

運動している時や、就寝中に突然「足がつる」ことがあります。
これは「こむら返り」とも呼ばれているもので、多くは「ふくらはぎの痙攣」や「足の裏の痙攣」が挙げられます。
「足つる」原因としては、体の中の「ミネラル」が関係していると言われています。
マグネシウムやカルシウムなどの「ミネラル不足」によって起こりやすくなるとされています。
その他では、「筋肉疲労」や冷えなどによる「血行不良」も原因と言われています。
そもそも「足つる」という現象は、足の筋肉を強い力で急激に「収縮」した時に発症します。
ですから、就寝中に発症すると「激痛が」突然襲い、痛みで目が覚めるということになります。
次に、足つる箇所の痛みが残ることなく緩和させる対処法ですが、基本的にはつった箇所の筋肉を「ゆっくりと伸ばす」ことが効果的とされています。
突然の痛みで、早く治そうとつった箇所をつい握ってしまったり、押さえつけてしまうと筋肉を損傷する恐れがあり、逆に痛みが残ることになりますので注意が必要です。

スポンサーリンク

次に、痛みが残ることなのない正しい対処法ですが、ふくらはぎがつった場合、座った状態ならば、足を伸ばしてつま先を手でつまみ、ゆっくりと自分の方へ引き寄せるようにして、つっている筋肉を伸ばすようにします。
この時、体の硬いで、つま先が持てない場合は、タオルなどを足の裏に引っ掛けて伸ばすようにすると、同じ効果が得られます。
また、太ももがつることもあります。
この場合の正しい対処法ですが、つっている方の足を曲げたままゆっくりと寝転びます。
このことによって痛みが緩和されます。
次に、日常でできる予防法ですが、まずは「規則正しい生活」を心がけ、そして「適度な運動」、「バランスの摂れた食事」になります。
食事で重要になるのは、「カルシウム」や「マグネシウム」を積極的に摂ることになります。
どうしても食事で無理な場合は、サプリメントで補うこともできます。
症状が「3日以上」続いたり、触ると痛む、歩くと痛いなどの症状がある場合は「肉離れ」の可能性があるので、我慢せずに病院行くことも大切なことになります。

スポンサーリンク