足つる 予防 スポーツ

スポーツにおける足つる原因と予防

スポンサーリンク

足つるといった症状は多かれ少なかれ経験のある方は多いはずです。
足つるシチュエーションも人により様々でスポーツをしている時、普通に歩いている時、座っている時、寝ている時と様々です。
症状には程度の差こそあれど共通性があり、筋肉がピクピクという様な変な違和感を感じながら痛みがでます。
この様な足つる事には原因があるのでメカニズムを知れば予防や対策がとりやすくなります。
なので原因やメカニズムについて掘り下げていくましょう。
つるという症状は運動神経の末端に不具合が起きる事で筋肉が痙攣し痛むという仕組みになっています。
運動神経の末端に不具合が起きやすい一般的な例は運動不足の人がいきなり運動をしたり、慣れない体の動きをした時です。
これは筋肉に急激な負荷をかける事で筋肉がビックリしてしまい痙攣し痛みを起こしてしまうのです。
予防方法は運動不足の方は普段からマメに運動する事を心がけたり、慣れない動作をする時はゆっくりと動く事です。
また運動前は準備運動をする事を意識し筋肉を温める事も重要な予防となります。
しかしこれ等とはまた違った理由が原因でつるという症状が起こる事もあります。
その原因とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

普段からスポーツをしている人こそ足をつる事が多い場合があります。
それは簡潔に言うとエネルギーが不足する状態になりやすいという事です。
人は運動をする事で体から主に、カルシウム、マグネシウム、ミネラルを消費します。
当然ですが運動量が多ければ多いほど消費量は多く、足を動かす運動であるとそれが顕著になります。
これ等のエネルギーが不足する事で体の運動神経末端に不具合が生じ、足をつってしまうのです。
言い換えれば足をつった時は体が栄養を欲したり休みたがっているサインでもあるのです。
足をつっても無理して運動を継続すれば、体はミネラルを不足しているので脱水症状にもなりやすくなります。
また筋肉が疲労を起こしているのに更に負荷をかけてしまうと肉離れになる場合もあります。
予防策は普段からバランスの良い食事をする事や睡眠をしっかりとる事です。
栄養を体に供給し体を休める事はとても大切な事です。
スポーツをする人ほど体調の管理は大切であると言えます。
また運動中に足をつったら無理をせずに休憩し水分を補給する事が大切です。
こういった事に気をつければ酷くなる事は少なく時間とともに治っていきます。
稀に痛みが続いたり、悪化したり、どうしても運動せざる得ない状況にある場合の人は病院に行って専門家に相談しましょう。
専門家の指示の下に1人1人にあった対策をとる事ができるはずです。

スポンサーリンク