脱水症状 足がつる 対処法

脱水症状と足がつる時の関連性と対処法

スポンサーリンク

足がつるといった経験をした事があるという方は多いのでは無いでしょうか。
状況は人により様々ではあるとは思いますが、つるというのは一体何が原因なのでしょう。
また対処法や予防方法はどのような手段があるのでしょうか。
メカニズムを知り考えていきましょう。
まず足がつるという症状は筋肉が痙攣を起こし痛みを伴う状態です。
人により程度の差はありますが基本的には同じ様な痛みと感覚があります。
どの様な時に起こりやすいかも個人差があり、運動している時や普通に歩いている時、又は座っている時や寝ている時など様々であります。
これは足がつる原因が人のより違うという事です。
一般的に多いとされる例ですが、運動不足や無理な姿勢、慣れない姿勢をしたという例です。
これは筋肉にいきなり負荷をかける事で筋肉がビックリしてしまい、痙攣し足などをつってしまうのです。
これ等の対処法は普段からマメな運動をしたり、体を動かす際は急に動かさないで準備運動をしたり、無理な姿勢はできるだけとらずに普段からストレッチ運動をして体を柔らかくする事です。
しかしこれ等とはちがう事が原因で足をつる事があります。
そこについて詳しく掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

実は足をつる事が脱水症状と関連している事があります。
人間は運動すると体からカルシウム、ミネラル、マグネシウムが消費されていきます。
これ等が消費され不足する事で足などをつってしまうのです。
ミネラルを消費するという事はつまり水分が不足しているという事でもあります。
つまり脱水症状という事です。
足をつる事が体にエネルギーを不足しているというサインそのものなのです。
つまり足をつる事が防げれば脱水症状も防げるのです。
対処法は普段から食生活に気を付けバランスの良い栄養をとり睡眠をしっかりとる事です。
そして運動中はマメに水分をとしましょう。
不足したエネルギーを体に供給する事が大切なのです。
また運動中に足をつったら休憩を心がけましょう。
負荷をかけると筋肉疲労を起こす原因となります。
こういう事に気を使っても稀に症状が改善されない場合がありますが、この場合はまた違った病気などの可能性もありますので病院に行きましょう。
早期発見、早期の治療こそが最善です。
不安な時は専門家の力を借りる事が大切です。
過度に不安にならずにお医者様に相談しましょう。

スポンサーリンク