手がつる 栄養不足 原因

手がつる原因は栄養不足の可能性

スポンサーリンク

つるといった症状を思い浮かべると足などが多いのではないでしょうか。
しかし聞き慣れないかもしれませんが手がつるという事もあります。
決して珍しい事では無く誰しもが起きる可能性があります。
この手がつるという事は何が原因で起きるのでしょうか。
メカニズムを知る事で対策と予防を考えてみましょう。
つるという事はどのような症状なのでしょうか。
一般的には程度の差はありますが、筋肉がピクピクする様な違和感と一緒に痛みを感じます。
手がつる主な原因はこの筋肉に何かしらの負荷がかかる事です。
例えば寒暖差が例にあげられます。
冬場に急に水仕事をしたり、寒い日にいきなり熱いお風呂に急に入ったりすると筋肉がビックリして痙攣をしてしまいます。
また普段重い物を持つ習慣が無い人が長い時間重い物を持ったりしても手がつる事があります。
つまり急激な負荷や刺激に筋肉は弱いのです。
なので手の準備運動といものを意識しましょう。
寒暖差ならばいきなり極端に冷たいから熱いというのを避けたり、重い物を持つ時は手を温める様に準備運動をし少し間に休憩を挟んだりする事で予防できます。
しかしこれ等とは違う理由で手をつる事があります。
その原因について掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

意外かもしれませんが栄養不足というものが原因で手がつる事があります。
栄養不足と筋肉の痙攣にどの様な関連性があるのでしょうか。
今までの例ですと手をつるのは筋肉に問題が生じたせいだという話でしたが実はもう1つ原因があります。
それは血行です。
血液の流れが悪くなると筋肉に悪い影響を与えてしまい、つるという症状を引き起こします。
血行が悪くなる理由はカルシウム不足であったり、酸素や水分やその他の栄養素が体に足りて無い事が原因です。
つまり栄養不足という事です。
体を動かすとカルシウム、マグネシウム、ミネラルといったものが大きく消費されます。
これ等が不足する事で手に限らず体の筋肉はつりやすくなってしまうのです。
つまり1番の対処法は栄養バランスのとれた食事を摂る事です。
基本的な事ですがとても大切なのです。
体が消費したエネルギーをしっかり供給してあげる事で体は維持されています。
つるという症状が起きた時はエネルギーが足りていないという体からのサインでもあると言えます。
なので栄養バランスをしっかり考えた食事を心がけましょう。
これ等の事に配慮しても症状が改善しなかったり悪化した場合はできるだけ早く病院へ行きましょう。
違う問題であれば専門家の指示の下に治療していく事が重要です。

スポンサーリンク