腹筋 つる 原因

腹筋がつる原因と対処法

スポンサーリンク

腹筋がつるという経験は無い人の方が多いかもしれません。
また人によっては聞いた事も無いという事があるかもしれません。
しかし意外にも腹筋とは誰しもがつる可能性があり、それには様々な原因がある様です。
そこでどの様なメカニズムになっているのかを踏まえて原因と対策について考えてみましょう。
まずどの様な時につる可能性があるのでしょうか。
最も多い例は筋肉の衰えが原因となる事です。
腹筋1つが衰える事で姿勢が悪くなり体の筋肉バランスが崩れてしまいます。
この様なバランスの崩れが原因で体のどこか一部に負荷がかかってしまうのです。
お腹を中心とした筋肉が運動不足等で弱くなると背筋に大きな負荷がかかりやすくなり、衰えている腹筋が固くなり血流が悪くなる事でつるという症状が起きます。
この様なコンディションで急に運動したり普段しないような無理な姿勢をとったり、笑い続けたりするとつりやすいです。
衰えが原因であれば普段から意識的にトレーニングをする事で予防する事ができます。
しかし普段からトレーニングしていたり、また様々な点に気をつけているのにつってしまう事もあります。
それは一体何が問題なのかを掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

スポーツをする方や、肉体労働をする方に多い例があります。
それは筋肉疲労です。
腹筋に限った話ではありませんが体は疲れると疲労物質が筋肉に溜まります。
この疲労物質が原因で血流が悪くなりつってしまうのです。
つるという症状は程度の差はありますが、筋肉が痙攣し痛むという症状が一般的です。
これは筋肉にいきなり負荷をかけたり、疲れているのに更に負荷をかけると筋肉がビックリして痙攣し痛みを起こすのです。
また疲労物質だけでは無くエネルギーが体から不足すると症状がでます。
運動をすると体からカルシウム、マグネシウム、ミネラルが消費されます。
そのエネルギーが足りなくなってくると体はつるというサインを出します。
腹筋の場合マグネシウムの不足から症状がでます。
つまり対策は栄養バランスのある食事をとる事と、しっかりと睡眠をとる事です。
体にエネルギーを供給し、しっかりと肉体を休める事がとても重要な対策であり肉体を維持する方法です。
また運動中や仕事中でも適度に休憩を挟む事が大切です。
こういった事に配慮する事で十分な予防が可能です。
しかし稀にいつまでたっても治らない場合や痛みが悪化する事もあります。
その場合違う問題の場合もあるので迷わず病院に行きましょう。

早期発見である程にリスクは無くなるので困った時はお医者様に相談し自分にあった対策を話し合っていきましょう。

スポンサーリンク