冷えると足がつる 原因 対処法

冷えると足がつる原因と対処法とは

スポンサーリンク

体が冷えると血行が悪くなりこのことが足がつる原因の1つになっていることが明らかになっています。
筋肉は脳や神経からの命令によって収縮しています、そして、この命令の伝達にミネラルなどが必要となります。
しかし、血行が悪くなってしまうと伝達に必要なミネラルが不足して伝達がうまくいかなくなります。
その結果、足の筋肉の収縮に不具合が生じ、冷えると足がつるという状態を引き起こしてしまうのです。
また、寒いと体が縮まってしまうように冷えると筋肉が熱を作り出そうと収縮し、緊張状態になってしまいます。
その結果、急に足を伸ばそうとしてもロックがかかってしまい足がつることがあり、これも冷えると足がつる原因になってしまいます。
また、冷えることで筋肉や腱にあるセンサーの感度が悪くなりちょっとしたことでセンサーが過剰反応を起こし筋肉が異常に収縮してしまいます。
このように冷えると足がつる原因には血行不良によってミネラルなどが不足することや緊張状態を招いていること、センサーの感度が悪くなっていうことが原因と考えられます。

スポンサーリンク

睡眠中や朝方は足がつりやすい時間帯となります。
ですから、寝ている時に体を伸ばしたい場合は急に伸ばさずに少しずつ様子をみながら伸ばすようにします、それでも足がつってしまった場合の対処法として一番重要な事は体の力を抜くことです。
そして、足先を手前にゆっくり引っ張るようにします。
そのことでふくらはぎの収縮された筋肉が伸ばされます。
また、足元を冷やしすぎると血管が収縮して血行が悪くなります。
この対処法としては寝る前に軽いストレッチをしたり、ぬるめのお湯に十分浸かり体を温める、腹巻などをしてお腹を冷やさないようにする、エアコンは27度前後に設定するなどが挙げられます。
足がつりやすい環境を改善する対処法としては寝る前にコップ半分程度でもよいので水を飲んだり、カリウムやマグネシウムなどのミネラルやビタミンEなどを多く含むバランスのよい食生活を心がけることも大切です。
また、予防としてふくらはぎ全体や足裏をマッサージして血行をよくしておくことも勧められます。

スポンサーリンク