足がつる 治らない 原因

足がつるのがなかなか治らない・・という方の原因は様々あります

スポンサーリンク

就寝中に足がつるという方は多いものですが、その原因は一体何なのでしょうか。
足のつりがなかなか治らない・・と、長年お悩みの方も多いかも知れません。
就寝中でも、特に明け方に起きるという方が多く、その原因として挙げられるのが体温の低下です。
たとえ夏でも明け方に気温が下がる事が多いですし、その気温低下に対応して体温が下がってしまうのも足がつる一因となります。
ですからふくらはぎを冷やさないよう、専用のレッグウォーマー等を購入するのも良いでしょう。
インターネットで検索をすれば、足がつる人用のレッグウォーマーが見つかります。
また、就寝中に汗をかいたりして体が水分不足になるのも、足がつる原因と言われています。
ミネラルウォーターに含まれる、マグネシウムが足りなくなったために起きるという事もありますから、就寝前にコップ一杯分のミネラルウォーターを摂っておくのも有効です。
足のつりが治らないという方は、一度試してみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

または運動による筋肉の疲労もその原因と言われています。
ですからマラソンなどの激しい運動をした日には、ストレッチ等を行ってあらかじめ筋肉のこわばりを解消しておくようにしましょう。
様々な方法を試しても治らない頑固な足のつりには、専用のお薬を飲むのが良いでしょう。
筋肉のこわばりや収縮を解消する成分が含まれているので、試してみるのもひとつの方法です。
病院に行けば処方してくれますし、手軽に購入可能な市販薬もあります。
忙しくて病院に行く時間が無い方は、まず市販薬から試してみられてはいかがでしょう。
たかが足のつりなどとあなどってはいけません。
頻繁に起きる方にとっては、そのことが睡眠不足の大きな原因となってしまいます。
また明け方に足がつってしまうかも知れない・・そう思うだけで、なかなか眠れないという方も多いのではないでしょうか。
人によって原因は違うかも知れませんが、早めに対処して、安眠を取り戻すようにしましょう。

スポンサーリンク