足首 つる 原因

足首がつる原因と対処法

スポンサーリンク

足をつるという症状はかなりの人が経験した事があるのではないでしょうか。
しかし、同じ足でも足首をつるというのは滅多に聞かないかもしれません。
実は人体は足首に限らずとも体の様々な部位をつってしまう可能性があります。
その原因を知る事で対処法や予防を考えてみましょう。
つるというのはどの様な症状なのでしょうか。
程度の差はありますが筋肉が痙攣しピクピクする様な妙な違和感と共に痛みを感じます。
一般的な原因とされている理由は、急激に筋肉に負荷がかかったり刺激を与えたりするとつるという症状が現れます。
例えば長い間運動不足の人が突然激しい運動をしたり、普段とらない様な慣れない姿勢をとるとつってしまう恐れがあります。
つまり筋肉の衰えがつってしまう原因です。
筋肉の衰えが原因であれば普段からマメに運動したり、運動する前に丁寧に準備運動する事でつってしまう可能性を大幅に減らす事ができます。
また、筋肉の衰えに限らず刺激にも弱いので、寒い日にいきなり熱いお風呂に入ったり、とても熱い日に冷たいプールに入ったりするとつってしまうので極端な事は避けゆっくりと変化に体を慣らさせる事が大切です。
しかしこれ等とは全く違った事が問題でつってしまう事があります。
足首という部位と一緒に掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

つってしまうのが足首という部位であると珍しいと思いますが、体は筋肉のある場所はどこでもつる可能性があります。
体は動く事で必ずエネルギーを消費します。
当然ではありますが、運動量が多ければ多いほど消費量が多くなります。
様々なエネルギーが消費されますが、主にカルシウム、マグネシウム、ミネラルの消費がつってしまう原因となります。
足という部位ですと特にカルシウムとミネラルが足りなくなっている兆候です。
普段から食生活が乱れている場合や、生活が不規則であるとつるとい事に限らず怪我の原因になってしまいます。
つまり意外な様ですが栄養不足が問題となって足首をつってしまう可能性があるのです。
他にも体の水分が不足していると血液がドロドロになってしまい血行が悪くなる事で足をつってしまいます。
これは脱水症状にもなる可能性があるので足をつってしまった時には速やかに体を休め水分を補給する事が対処となります。
こういった事に気をつけても症状が改善されなかったり、足首という場所だけに気になってしょうがないという時は病院にいきましょう。
鎮痛剤や漢方薬、湿布などで痛みを緩和しながら治療する事もできます。
また全く違った問題が発見される事もあるかもしれません。
なので病院に行き専門家に相談する事で心を安心させながら体を治すという意識は大切です。

スポンサーリンク