ふくらはぎ 痙攣 原因

ふくらはぎの痙攣の原因と予防と対策

スポンサーリンク

ふくらはぎが突然痙攣を起こす時がある場合は多いと思います。
しかし、どのようなことを予防したり対策したりしたら良いのかわかりません。
そこで、原因と対策方法についてお伝えします。
そもそも痙攣とは、短時間で起こる筋肉の収縮であります。
そのため、痛みを伴うことが多いのが特徴的です。
原因として考えられるのは、ふくらはぎの筋肉が硬いか、電解質の血中濃度が低いことです。
このようなことが原因であるため、痙攣は誰でも起こるのが特徴的です。
ですので、そこまで心配する必要はありません。
ですが、あまりにも痙攣が多かったり、長く続く場合は病気が潜んでいる可能性が考えられます。
それから特に、注意が必要なのは、しびれを一緒に感じたときです。
しびれを感じたら、下肢の静脈瘤や糖尿病の可能性があります。
それから、肝臓の病気や椎間板系の病気、神経に関する病気のことも考えられるので早めに病院を受診して検査を受けることが良いでしょう。

スポンサーリンク

しかし、ほとんどの人の場合が病気でないことが多いです。
そのため、症状がでてしまったら下記のことに気を付けると良いと思います。
まず、重要なことは、食後すぐに運動をしないことです。
それから、運動や就寝前には、軽いストレッチを行うことが良いでしょう。
また、ふくらはぎの痙攣は電解質の減少で起こるので、水やスポーツドリンクを運動する前や最中にしっかりと摂取することが良いと考えられます。
汗をかくと体内の水分がすべて奪われます。
そうなると、痙攣を起こしやすく、けがにつながる場合があるので注意が必要です。
それから、カフェインもあまりよくないので、ほどほどにすることが良いです。
よく朝食にコーヒーのみで済ませる方がいますが、健康面を考えてもあまりおすすめできないのでできるだけ食べ物を食べることが良いと思います。
このようなことに気を配ってもなかなか改善されないときは、食事の内容を見直してみたり、ミネラルやビタミンが含まれているサプリメントなどを摂取することも良いと考えられます。

スポンサーリンク